シロアリ駆除

シミズホームのシロアリ駆除サービス

シミズホームでは徹底したシロアリ駆除を行います。
白蟻は空からもやってきます、土の中からもやってきます。
大切なマイホームや、大切な建造物が、白蟻の住み家になっていませんか?
新しい建物だからと安心はできません。きめ細かな点検が大切です。
早期発見が建物の寿命を延ばし、費用の負荷を軽減します。

目安時間:90分~120分

※1階床面積が25坪までの物件における予防工事の目安です。
被害の有無や床下構造等により時間のかかる場合もあります。

シロアリはどこにいる?

日本で家屋に被害をもたらす主なシロアリの「ヤマトシロアリ」は、本州全土に、 「イエシロアリ」は愛知県の場合、主に沿岸部側に生息しています。

市街地や住宅街にも、もちろん生息しています。

通常、地面の下に生息していますので、普段目にする事は ほとんどありませんが、我が家の敷地内の、庭の部分や 土壌部分にシロアリが生息していても、不思議ではありません。

お庭の木の杭や枕木などが被害にあったりする事があるのは、その為です。

あまり見ない床下の状況を定期的にに点検・予防することが大切。

家屋の耐震性に影響を与える食害箇所

家屋の耐震性に影響を与える白蟻による食害箇所として考えられるのは、土台・柱・筋交いです。
これらの部分が食害にあってしまうと、耐震性が下がり、地震に対するリスクが非常に高くなります。

5年に1度の定期的な防蟻処理が必須です。

家屋の耐震性を維持し、地震に対するリスクを軽減するためには、まず白蟻による家屋の食害を防ぐ必要があります。

シロアリの侵入経路

多くの場合、白アリは土中から家屋の基礎などにある小さな隙間を通り、床下、土台、柱などに入り込み、家の中へと侵入してきます。

シロアリの侵入経路

シロアリは見えないところから少しずつ住まいに侵蝕します

白蟻は、外気や風、日光を嫌う為、人間が普段目にしない場所から家屋に侵入し、食害していきます。

一般的に、白蟻被害に気付くきっかけは2つです。

  • 5~6月に屋内もしくは家屋周辺に多数の羽アリが発生した。
  • 部屋の中で、木部の一部が崩れているのを見つけた。

羽アリが発生した場合、すでに巣の規模が大きくなっており、相当な被害が出ていることが予想できます。

部屋の中で木部の食害を発見した場合でも、床下の木部はすでに、相当な食害を受けていると考えられます。

「羽アリや被害箇所を見つけてからでは遅い。しかし、白蟻を発見するのは難しい」

だからこそ、定期的な予防のための防蟻処理が必要であり、床下メンテナンスを行うことで、 家屋が長持ちするのはもちろん、家屋の強度を保ち、地震に対する備えの1つとしても非常に有効です。

まずは、床下の無料点検をおすすめします

床下収納庫から
床下収納庫から
畳の下から
畳の下から

点検とご報告をあわせて約30分で終了します。

床下侵入

床下侵入

専門スタッフが床下にもぐり、まずは付近の状況を確認します。

打診

打診

木をコンコンと叩いて、空洞音がしないかどうかを調べます。

目視チェック

目視チェック

白アリがいないか、白アリが好む環境になっていないかをチェックします。

水漏れ点検

水漏れ点検

水漏れ箇所がないか点検します。

外壁塗装のことならお任せください

見積り相談診断無料です

電話番号:072−396−5600

営業時間 9:00〜19:00 定休日:日曜日・祝日

あなたのお家に必要な工事だけをご提案します。お気軽にご相談ください。
ページトップへ戻る