大阪で工場やビルの外壁塗装工事を行うタイミングや費用相場は?

工場や会社ビルも外壁塗装メンテナンスは必要です

新築でピカピカだった工場やビルも、紫外線や雨風にさらされ徐々に劣化していきます。
工場やビルの外壁塗装は、見た目の美観を保つだけでなく企業イメージや労災防止の観点においてもしっかりとメンテナンスをすることが望ましいとされています。

とはいえ工場やビルの外壁塗装は大掛かりな工事となるため、なかなか塗装工事の時期が読めないというかたも多いようです。
本記事では、工場やビルの外壁塗装工事を行うべきタイミングやメリットについて解説します。
工場やビルの外壁塗装にかかる費用の相場や、おすすめの塗料についてもお伝えしますので外壁塗装をご検討中の経営者様・管理者様はぜひ参考にしてください。

工場やビルの外壁塗装を行うタイミングは?

外壁を触った指先にに白い粉が付着している写真

工場やビルの外壁塗装は、年数や状態にあわせて再塗装などのメンテナンスが必要です。
まずは外壁塗装を行うべきタイミングや時期について解説します。

新築または前回の塗装から10~15年経過を目安に

建物の種類や環境条件によっても異なりますが、一般的に外装塗装は新築から10〜15年経過を目安に行うのが良いとされています。これは外壁塗装に使用されている塗料の耐用年数に起因しています。

使用している塗料の種類にもよりますが、塗装から10年以上を経過すると徐々に塗料が剥がれ落ちたり、色あせてきたりしてしまうのです。塗装の剥がれは、建物の景観を損なうだけでなく、老朽化を早めてしまう要因にもなります。

新築から10年経過したあたりから外壁塗装のメンテナンスが必要になると考え、外壁塗装や外壁自体に変化がないか意識を向けるようにすると良いでしょう。

外壁に劣化や不具合が見られたとき

外壁塗装の耐用年数に達していなくとも、環境や災害などの影響によって塗装が早々に劣化してしまうケースもあります。

外壁に以下のような劣化や不具合が見られる場合は、外壁塗装を検討すべきタイミングです。
外壁塗装の耐用年数を超えていなくても、外壁にこのような変化がみられる場合は、一度専門家による診断や相談を受けることをおすすめします。

  • 塗装の色艶が失われ色ムラや退色がみられる
  • 塗膜に浮きや膨れ、剥がれがみられる
  • 白っぽい粉を吹いたような状態になっている(チョーキング現象)
  • 地震などの影響で外壁自体に亀裂がみられる

その他、鉄骨部分のサビや腐食、シーリング部分の劣化などが発生している場合も、これらの修繕にあわせて外壁塗装を行う目安となります。

会社のイメージを刷新したいとき

大型採用を行う予定がある場合や事業提携予定がある場合など、会社の印象を良くしたい時なども外壁塗装工事実施のタイミングです。

外壁塗装が剥がれてボロボロの社屋や工場よりも、きれいに塗装整備されている方が好印象を与えます。しっかりとメンテナンスを行なう姿勢は、社内環境整備や体制の良さを想像させ、評価を高めるポイントとなるでしょう。

耐久性をアップさせたいとき

外壁塗装素材の中には、景観をよくするだけでなく、外壁の機能性を高めてくれる効果がある塗装もあります。工場の断熱機能を高めて夏や冬場の光熱費を抑える目的や、防水性の高い塗料を使用して建物の防水力を高める目的などで外壁塗装を実施するケースも多いのです。

耐久性の高い外壁塗装を使用することで、通常よりも耐用年数を伸ばせる場合もあります。自然災害や気候変化に備えて、耐久性をアップさせておきたいというときにも最適です。

外壁塗装を行うべき理由やメリット

明るい屋外で笑顔を見せる作業員の写真

外壁塗装が推奨される理由や、外壁塗装工事をおこなうメリットについて解説します。

見た目がきれいになることによるイメージ向上

外壁塗装を行うことで見た目がきれいになると、その会社に対する印象が良くなるメリットがあります。

塗装が剥がれひび割れた状態のボロボロの外壁のままでは、取引先や近隣住民から「管理の行き届いていない会社」だ「修繕費用を用意できない経営状態なのでは」との懸念を抱かれてしまう可能性もあります。外壁塗装で景観を整えることで、こうした外観からくるネガティブなイメージを払拭することができるのです。

メンテナンスコストを抑えられる

外壁塗装を行うことで塗装の耐用年数を伸ばし、建物をまもることにつなげられます。また防汚性の高い塗料を使用することにより、外壁を汚れにくい状態にすることも可能です。

撥水効果のある塗料や汚れにくい防汚性の高い外壁塗料を用いれば、外壁清掃や修繕のために定期的にかかるコストを抑えることにもつながります。また劣化しにくい外壁塗装で耐用年数を伸ばせば、その分修繕に欠けるコストも抑えられるのです。

省エネ・光熱費削減効果が得られる

外壁塗装のなかには、遮熱性能や耐熱性にすぐれた塗料もあります。外壁塗装の際にこれらの塗料をとりいれることにより、省エネ効果が期待できるでしょう。断熱性の高い塗料を使用することで冷暖房にかかるコストや電力の削減にもつながります。

従業員やスタッフのモチベーション維持や向上

工場やビルの景観の良し悪しは、そこで働く従業員やスタッフのモチベーションにも影響してきます。
廃屋のような見た目の工場で働くよりも、きれいに塗装されて整った状態の工場の方が、働く人たちも気持ちよく働け、生産性向上やモチベーション維持へとつながるのです。
工場や社屋ビルなど建物の美観が維持されれば、スタッフや従業員の定着率や採用率向上にもつながるでしょう。

工場やビルの外壁塗装には遮熱塗料や断熱塗料がおすすめ

「通常塗料:熱をそのまま屋内に通す」「遮熱塗料:熱を反射する」「断熱塗料:熱伝導を抑え屋内の熱を逃さない」
通常塗料、遮熱塗料、断熱塗料の違いを表した図

近年、電気やガス料金の大幅な値上げに伴う、光熱費の高騰がなにかと話題です。こうした光熱費の問題は一般家庭だけでなく企業も同様で、経営者の頭を悩ませる問題となっています。

とくに工場などの建物は、室内全体が外気温の影響を受けやすい構造になっています。業種によっては、室内の温度が上がりやすく、熱中症などのリスクが高くなることもあるでしょう。

工場や社屋、ビルなどの外壁塗装を行う際は、遮熱塗料や断熱塗料を取り入れるのがおすすめです。

遮熱塗料や断熱塗料には、以下のような特徴や効果が期待できます。

  • 太陽(近赤外線の)熱による建物の影響を軽減
  • 内部空気温度(室温)を下げる効果がある
  • 室内の温度を保ち空調効果を高める効果がある

遮熱塗料は、熱のもととなる近赤外線(太陽光)を反射し、熱を室内に伝わりにくくしてくれる効果があります。また断熱塗料には、遮熱効果のほかにも熱伝導を抑えるほか、室内の熱や冷気が外へ逃げてしまうのを防ぐ効果もあるのです。

これにより夏場は涼しく、冬場は暖かさを保ち快適な環境づくりができます。気温を保つための空調設備などの負担も軽減できるため、省エネや光熱費削減にもつながるのです。

工場やビルの外壁塗装を検討されている場合は、機能面も考慮し、ぜひ遮熱塗料や断熱塗料の採用を検討することをおすすめします。

工場・ビルの外壁塗装の相場

住宅の壁面の縁を、小さなローラーで塗装している写真。

工場やビルの外壁塗装には、一体どれくらいの費用がかかるのか料金相場が気になるところです。
ここでは、シミズホームが提供している外壁塗装の相場をもとに、費用目安についてお話します。

シミズホームをはじめ、大阪や枚方で外壁工事を行う際は、4〜5種類の塗料が使われるのが一般的です。工場やビルの外壁塗装を検討する際は、予算だけでなく機能性なども重視して選ぶのがおすすめです。

それぞれ平米当たりの料金相場は以下の通り。

塗料の種類平米当たりの料金相場
アクリル1,500円程度
ウレタン1,800円程度
シリコン2,000円程度
ラジカル2,200円程度
フッ素3,500円程度

それぞれ塗料の種類によって、耐用年数や付随する効果に違いがあります。

アクリル塗料低価格で施工可能、発色もよく塗り替えに適した塗料。耐用年数は3〜5年程度。
ウレタン塗料低価格で施工可能、光沢感がありヒビが発生しにくい。耐用年数は5〜7年程度。
シリコン塗料比較的主流となっている塗料。防汚性に優れ紫外線にも強い。耐用年数は10〜15年程度。
ラジカル塗料チョーキング現象の発生を抑える効果がある。耐用年数は7〜10年程度。
フッ素塗料高価ながらも防汚性に優れ紫外線に強く、カビも発生しにくい。耐用年数が15〜20年程度と長いのも特徴。

工場やビルの面積や使う塗料によって、かかる金額は大きく異なります。
また外壁塗装工事では、外壁塗料以外にも、足場設置費用やシーリングなどその他の修繕費、人件費などがかかってきます。
見積り依頼をする際には、塗料だけでなくこれら作業にかかる費用なども踏まえて、相談することが重要です。

シミズホームの実績や施工事例

大阪で工場・ビルの外壁塗装はシミズホームへご相談ください

工場や倉庫、社屋ビルなどの外壁塗装を行う業者を選定する際は、費用や塗料の種類だけでなく、職人の熟練度や安全性、様々な提案の有無などを含めて検討するのが望ましいです。また相談の際は、工場やビルの外壁塗装の経験が豊富な、施工業者やメンテナンス業者に相談することも大切です。

大阪で工場やビルの外壁塗装を検討されている場合は、ぜひシミズホームへご相談ください。

シミズホームは、大阪府枚方市で地域密着対応の外壁専門業者です。
既存の外壁の仕様や環境などをふまえ、最適な外壁塗装プランをご提案!
工場やビルの大規模修繕に伴う外壁塗装なども可能です。

あらゆる種類の外壁塗装に対応可能なため、外観のイメージや機能面も含めてご相談いただけます。

お見積りは完全無料、外壁塗装施工後のアフターメンテナンスも充実しています。
大阪で工場やビルの外壁塗装をお考えなら、ぜひ一度シミズホームへご相談ください!